カート
0
EN ja
  • 日本語 ja

特産品「岩国れんこん」を全国に【㈲広中食品】

岩国市が誇る特産品「岩国れんこん」を全国に

有限会社広中食品

昭和46年の設立以来、岩国れんこん加工・販売メーカーとして全国に製品を届ける広中食品。「岩国れんこん生産者の会」(47農家)からの納入を原則として栽培履歴が明確な岩国れんこんを厳選し、取り扱っています。

同会は会員全員が化学肥料や化学農薬の低減など“環境に優しい農業”に取り組む「山口県エコファーマー」の認定を受け、付加価値をつけたれんこん栽培に努めています。

広中食品は、農家の栽培計画から実績までのすべてを管理。産地発の加工・出荷場として「安全」「安心」の基本を徹底させ、皆様の食卓に届けるお手伝いをしています。

「どこにも負けない岩国れんこん」の魅力/広中千佳代表取締役



「瀬戸内沿岸部の穏やかな気候と錦川水系のきれいな水、岩国の土壌(錦川の水を直接供給・排水できる圃場)というすばらしい産地に加え、地元の農家さんがプライドを持って育んできたのが名産の岩国れんこんです」と胸を張るのは、広中食品の広中千佳代表。岩国れんこんは”シロバナ(白花)種”という品種で、手掘りの土付きで収穫。

広中さんは「やわらかく糸を引くような粘りが自慢。輪切りにすると見た目にも美しく、縦切りだと繊維が残るなど調理法によってホクホク、シャキシャキ、モチモチと多彩な食感を楽しめます」と話します。

例年は800㌧前後、多い年には1000㌧を超える岩国れんこんを扱う同社。広中さんは「初夏を迎えたハス田は緑一色に彩られ、やがて白やピンクの花が咲き誇り、収穫期になるとすくすくと育ったれんこんを農家さんが掘り起こすーーそんな風景は地域の宝だと思います。どこの産地にも負けない、日本一の岩国れんこんを全国に届けたい」と話してくれました。

生産者の声/岩国れんこん生産者の会
鈴木政次会長「自慢の岩国れんこん」 山口県エコファーマー認定

岩国れんこん生産者の会鈴木政次会長

父親の跡を継ぎ、岩国にれんこんの栽培に励む鈴木さん。「糸を引くような粘りとモチモチとした食感が特徴の岩国れんこんは、特に天ぷらはやわらかくておいしいと好評ですね」と笑顔で話します。

年間を通しての栽培は、4月に芽を折らないように種蓮を植え付けるところからスタート。水当て、草取りや追肥など手間暇かけて日々の作業に取り組んでいるだけに、収穫の喜びはひとしおです。穴が空いていることから「見通しが良い」とされ、日本では縁起物としておせち料理などのお祝い事に多く用いられるれんこん。

「良いれんこんが採れたらうれしい。縁起物と言われる岩国れんこんを多くの人知ってもらい、おいしく食べてほしい」と話してくれました。

プロに聞く、岩国れんこんの楽しみ方♪

艶やかな白肌で肉厚、歯切れがよく、淡白でクセのない味わいが特徴の岩国れんこん。地元・岩国名物の岩国寿司にはもちろん、天ぷらやれんこんバーグ、きんぴら、筑前煮、三杯酢、サラダ、スープ、チップスなど、ご家庭でも手軽にさまざまな料理で味わうことができます。

ほとんどが手作業。
水洗いしたフレッシュパックで料理を楽しんで♪

岩国れんこん真空パック

より長く保存でき、手軽に料理を楽しんでもらいたいという思いから、真空パックの岩国れんこんを製造しています。

農家が掘り取り、その日の夕方までに納入したれんこんを翌日中には加工。工程のほとんどが手作業で、一つずつ丁寧に水洗いして傷みがないかを確認しています。

れんこんは大きくて肉厚、市場では高価な部位のみを使用した贅沢な一品。「土付きは苦手」という方も安心して調理できます。ご家庭やお土産にもどうぞ。

栄養価も豊富で、見た目も楽しめる!
知って得する岩国れんこんのイロハ


冬を代表する野菜のれんこんをお好みの調理方法で味わってみて♪